多根 悦子

Etsuko Tane

博士課程2年

研究テーマ

データサイエンスの発展と社会への影響

研究内容

社会におけるデータ利活用の要望は年々増加傾向にあり、データの管理・分析・ビジネスに役立てる専門の企業、職種に注目が集まっている。黎明期を過ぎ、成長期に突入したデータサイエンス分野が社会に対してどのような利益または不利益をもたらすのかを、データサイエンスが生まれた背景とその本質から探る。

論文・学会発表等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>