西 千尋

NISHI Chihiro

博士課程3年

研究テーマ

日本とイギリスの中等教育教科書を用いた分子生物学で問われる科学者の社会的責任教育

研究内容

分子生物学の関わる分野である理学、工学、農学、医学、薬学の専門家もしくは研究者となる生徒・学生は専門家になるまでに

どのように倫理的・法的・社会的課題(Ethical, Legal and Social Issues/Implications: ELSI)の教育を受け

どのように責任ある研究・イノベーション(Responsible Research and Innovation: RRI)に関する意識が醸成されるでしょうか。

他の自然科学の研究とは異なり生命を扱う分野では、科学者の社会的責任に付随する意識に加え生命倫理観の涵養が重要となります。さらに、これらELSI、RRIの教育は職業に関するキャリアが自身のこととして捉え始める高等学校の生徒にとって喫緊となるでしょう。

そのため、私は中等教育の中でも生命に関して議論が活発にされている生物教育の研究に焦点を当てています。

キーワード

ELSI、RRI、分子生物学、科学教育

論文・学会発表等

〇西 千尋、楳原琢哉、田村浩二「大腸菌アラニルtRNA合成酵素に結合するRNAアプタマーの選択」、第40回日本分子生物学会年会(ConBio2017、国内学会)、神戸ポートアイランド、ポスターセッション、2017年12月8日.

〇西 千尋、藤垣裕子「日本とイギリスの中等教育教科書で議論される分子生物学のELSI・RRI」、科学技術社会論学会第18回年次研究大会、金沢工業大学、口頭発表、2019年11月10日.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>