金 燕

Yan JIN

博士課程1年

研究テーマ

日常的な営みとしての原子力対話―暗黙知・ローカル知・共生知―

研究内容

本研究は、「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」における原子力の対話を分析し、共生知が形成されるプロセスを明らかにすることを目的とする。

論文・学会発表等

Sekiya Yuichi, Tanaka Rina, Yang Xue,〇Jin Yan. “Intersections of Recovery Efforts in the Aftermath of Triple Disaster in Japan”. 2018 Annual Meetings of Society for Applied Anthropology (SfAA).Vancouver, Canada. April, 2016.

金燕、原子力の地域対話における「透明性」の概念形成の過程―柏崎市を事例に―、科学技術社会論学会、第16回年次研究大会、福岡市 九州大学、2017年

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>